FODの特長は?評判やデメリットも紹介!

FODは、フジテレビが運営している動画配信サービスです。

「フジテレビが製作したドラマやバラエティが見たいので契約を考えている」という人がいる一方、「他の動画配信サービスと比較して、メリットが多ければ導入を考えている」という人もいるでしょう。

そこで今回は、FODの特徴やメリット・デメリット、料金プランなどを紹介します。

FODの特徴やメリットを紹介

前述したように、FODはフジテレビが運営している動画配信サービスです。

フジテレビが製作したドラマやバラエティの他、邦画・洋画・海外ドラマ・アニメなど約二万本が配信されています。

同じ動画配信サービスのAmazonプライムビデオが約1万5千本、Netflixが約5千本ですので、ずっと多くの番組を楽しめることでしょう。

また、フジテレビは独占配信のドラマが多く、他の動画配信サービスでは無配信、もしくは有料配信の作品でも見放題コースに組み込まれているものが多いのです。

フジテレビのドラマが大好きで過去の名作をもう一度みたい、放映中のドラマを時間通り見るのが難しいので見逃し配信を利用したいという人にはおすすめでしょう。

さらに、FODプレミアムサービスに加入すれば、100種類もの雑誌、対象の漫画が読み放題です。

その上、毎月付与されるポイントで電子書籍も購入できます。

FODのデメリットはどんなもの?

FODには、デメリットもあります。

1つはドラマや映画のダウンロードができないことです。

他の動画配信サービスでは、スマートフォンやタブレットに作品をダウンロードしておけば、オフラインでも楽しむことができます。

しかし、FODは常にインターネットに接続できる環境でないと視聴できません。

2つ目はFireTVStickやAppleTVなど別売りの器機を用いないとテレビではFODが視聴できないことです。

「配信されるドラマや映画を大画面テレビで見たい」という人は注意しましょう。

タブレットやスマートフォンで視聴する際は、専用アプリを利用すればすぐに視聴ができます。

ただし、SONY のBRAVIAシリーズなど一部のAndroid TVでは、専用アプリをダウンロードすれば、別売りの器機を使わなくてもテレビで視聴が可能です。

3つめは画質です。

現在、FODはスマートフォンやタブレットでの視聴を想定しているので、フルHDに対応していません。

そのため、テレビなどの大画面でみるとやや画質が悪いと感じられることがあるでしょう。

SD(軽量画質)はさらに画質が低下するので、スマートフォンで視聴するのがおすすめです。

FODの料金プランは実質一択

FODの料金プランは、現在のところ、月額888円のFODプレミアムコース一択です。

かつてはアニメ見放題コースや競馬予想TV!月額見放題コースがありましたが、2020年3月31日をもって終了が決まっており、新しく加入することはできません。

無料期間は1か月、しかも毎月100ポイント、最大で1,300Pのポイントが付与され、電子書籍の購入や動画のレンタルに利用できます。

同じ動画配信サービスのAmazonプライムビデオが月額500円(年会員は408円)、huluが933円、Netflixが800円~1200円なので、中間程度の値段と言えるでしょう。

しかし、雑誌の読み放題がついているのはFODだけなので、テレビ番組、ドラマ、映画に加えて雑誌も読みたいという人にはお得です。

FODの口コミは良い・悪いが約半々

みんなの評判ランキング「みん評」によると、FODの口コミは良い評判と悪い評判が約半々です。

良い評判としては、90年代~2000年代に放映されたフジテレビの名作ドラマをいつでも見ることができる。

空いた時間にどこでも好きな番組が見られる。

雑誌の読み放題がついているので、他の動画配信サービスに比べてお得感があるというものです。

一方、悪い評判としては海外ドラマの本数が少ない。

有料配信のものが多い。

画質が悪い。

などです。

しかし、これらの悪い点は改善される可能性があります。

ですから、見たい番組が多い、定期購読している雑誌が見放題に入っているという人は、契約しても損はないでしょう。

https://minhyo.jp/fod?sort=order_point&page=1